翳り

宵闇には不安ばかりが募る

逢えない時間の

穴埋めの筈が


口をつく

心無い言葉

気持ちとは裏腹な

投げやりな


どうしても
素直になれない

どうしてか
素直になれない

そしてまた
幾重にも

幾重にも

翳りが

覆い尽くす

Oto
  • 立ち寄って頂いて
    ありがとうございます。

    共感頂ければ幸いです。

言の葉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA