Do not miss it

零れゆく時の中で

ゆったりと

緩やかに

流れて欲しい

君との時間

子供みたいにはしゃぐ君

優しく見つめて微笑む君

ひたむきに語りかける君

全部
全部

追い続ける私の瞳

君にも見逃さないで欲しい

Eternally

諦める事無く

夢を追い続け

掴み取った今も

決して足を止める事のない君


耀かしくて

誇らかで


私はひた走り

ついて行くのが

やっとだけれど


永遠に

君の足跡を

聢と辿りながら

見失わないように

煽り続ける


君がくれる

幸せなメロディーを

余すことなく刻みながら

I will stay with you
all the time

心の鍵

君がくれた微笑み

瞼を閉じればまだ

甦る

次に逢う時までに

もう少し

強くなっていたいから

繰り返し

君たちの曲を聴いて

繰り返し

君の音を拾う

心の鍵

開けたまま

Your song

雲に覆われてばかりの空にも

いつか虹がかかるよに

曇りがちな心にも

いつかきっと虹がかかる


君となら

君たちとなら

そんな日も程なく来ると信じられる


君が織成すメロディと


君たちが紡ぐ言葉を辿り


Your song can make me positive.

几帳面に服を畳む姿も

照れくさそうにそらす目線も

屈託ない笑顔も



全て

心に深く刻むよ



なかなか逢えないから


なかなか触れられないから



好きな時に

そっと取り出して


君を感じるために





旅立ち

頑張れなんて言わない

ゆっくりとした

足取りで

自分らしく

それでいい


ずっと待っているから


あなたがくれた

細やかな

優しい言葉を胸に


歩き始める


項垂れてばかりいた

私を


挿げかえる旅に

交わらない道

時を経て

偶然出逢えたのに

 

君への言葉が見つからなくて
 


通り過ぎたあと
 


振り返ることすら出来なくて
 



こんな僕のことを
 
あの頃君は歯痒くて
 


そして
 

別の道を選んだ
 


やっぱり
 



ふたりの道はもう
 

交わることは無い
 


僕が変わろうとしないから
 

君は変えようとしてくれたのに

優しい時間

地に足をつけるのが下手で
 
宙に浮いたまま
 

それほどに
 
辛かった時間を経ても
 
踏み止まれたのは
 

擦り減ってしまった足でも
 
地につけて


踏み出してもいいんだと

君が気づかせてくれたから
 

頑なな心を
 
ほぐしてくれたから
 

優しい時間を

くれたから