几帳面に服を畳む姿も

照れくさそうにそらす目線も

屈託ない笑顔も



全て

心に深く刻むよ



なかなか逢えないから


なかなか触れられないから



好きな時に

そっと取り出して


君を感じるために