几帳面に服を畳む姿も

照れくさそうにそらす目線も

屈託ない笑顔も



全て

心に深く刻むよ



なかなか逢えないから


なかなか触れられないから



好きな時に

そっと取り出して


君を感じるために





投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA