迷子

幼い頃の無垢で純真な心に

いつしか


あらゆる色が混ざり合って


沢山の邪心が芽生え


何もかも

人任せにして


自分を

置き去りにして


頑なに
俯きながら


辿り着ける居場所を

探している


前を見据えていないと

簡単には見つからないのは

わかっているのに