追憶の欠片

一緒にいるだけでただ楽しくて

冗談ばかり言い合って

お腹を抱えて笑ったり

たまには喧嘩もしたね


まさか

手を離す日が来るなんて

考えも及ばなかったから


宙を舞う掌は行き場を失って

ふたりのサヨナラを台無しにした


上手く笑えていたかな

少しは心に刻まれたかな


2人のセピア色の追憶の欠片

personality





たまには
歩みを止めて

躊躇わずに休んでみよう

大丈夫

元気が出たら
また歩き出せばいい

前を向いて


人に合わせる必要は無いから
自分の歩幅でゆっくりと

I want to see you





逢えなくなって幾度となく

夢の中で心が体をすり抜けて

あなたの街へ


電話の声は変わりないから

私も目一杯嘯いてみるけれど


あなたには全部お見通し

さり気なく優しく

私を和めてくれる


時には下手な冗談で

笑わせてくれる


それでもやっぱり

逢いたいくて触れたくて

心が叫びたがってる


寂しさと哀しさで

奏で

愛してるって

何度も
心の中で叫んではみたけれど


全然足りなくて



あなたの胸の中に住むあの人は
ずるいよ何時迄も歳を重ねない



ブレーキかけて

立ち止まって

後退りさえもしてみたけれど

昂まっていくばかりで
留まることは容易くはない


やり切れない
心の声だけが


いつまでも
残響し続ける


哀しい音を奏でながら

分岐点

答えはひとつだけじゃない

複雑に絡まり合っていて

容易くは解けない

道程はひとつだけしゃない

複雑に枝分かれしていて

事もなげには前に進めない

自ら試行錯誤して

自ら足を踏み入れて

自ら導き出すしかない

巡らして巡らして

In the result

誰にも口を挟ませないし

誰にも奪えやしない

moonlight

穏やかに

徐ろに

柔らかな光で照らしてくれる月

朦朦たる雲に覆われても

人知れず心まで
光を放ち続けてくれる


さんざめく太陽のような

執拗な主張はなくても

炳たる存在感はなくても


わたしには
それが殊のほか心地よい


あなたのように

prickle

君の心に立ち塞がるは

荊棘の道

君の心に覆い被さるは

漆黒の闇

もしも

君が心を解いてくれたなら

行き場を失った心に

僕は透かさずに

手を差し伸べるだろう

心に刺さった棘を

余すところ無く

抜き去るだろう

ほんの小さな1歩でいい

踏み出してくれるなら

ずっとそばに居るだろう

花吹雪

風が吹き付けて

桜が散り乱れる

受け止めたくて

差し出した掌

また風に揺られて

花びらは

微笑むあなたの頬を掠めて落ちた

散敷く花びらを見つめる

とても綺麗だけど

無性に哀しくて

気がつけば

あなたの手を握っていた

握り返すその手の温もりが

心にまで沁み透り

行こうかと促すあなたの優しさが

どうしようもなく愛おしい

アロマ

眠れば

薄れていく

貴方のenergy

眠れば

欠けていく

貴方のfondness

唯一の安らぎ

貴方がくれた

アロマポットのキャンドルの

揺らぎを見つめ

巡らすは

貴方の穏やかな微笑み

いつしか

アロマオイルは尽き

もう芳香を放たない