眩耀

過去も現在も未来も

全てを抱きしめ

強く固く絆を結ぶ


在り来りな言葉では

足りないから


夢中で何度も言葉を探す


瞳が輝きを取り戻すようにと

波と空き缶

蹴飛ばされた空き缶のよに

心の奥の方が鬱屈する


寄せては返す波のよに

心の奥の方が揺らいでる


規則的に見えて

何処かちぐはぐで


我武者羅な様でいて

何処か冷静で


それでいて実は単純なんだと

見抜いたのは

君だけ

君の笑顔は

周りの人まで明るくして

ふわりとした
優しい気持ちにさせる

それなのに

君は何故星になったの


哀しみより先に

悔しさが押し寄せてくる


気付けなかった

君の心根に秘めた想いに


気づけなかった

笑顔の裏側に隠していた泪に


今宵も紺碧の夜空には

星が瞬いていて

置いてけぼりの私を

今も尚
包み込んでくれているのに

Zeitgeist

激しい雨に
締め切った窓

息苦しくて
掠れる声

絞り出すように口ずさむ
あなたの好きなあの歌

窓を打つ雨音に掻き消され

ギターを爪弾く指先
持て余す

目紛しく流れる暗い雲

けたたましくて耳障りなノイズ

いつ止むのかなんて

わかりはしない


今と

Same as social climate

儚く

伝えたいことがあったのに

伝えられないまま時は過ぎる


留まることなく流れ行く季節に

おいてけぼりの私


あの頃の想いをそのままに

あなたに逢えない日々だけが

心に差し響く


伝えたかったことは

今は心の奥底で儚く

そう
いつのまにか


儚くなる

プロテクション

ないがしろにされたきみは

なおざりにされたきみは


いつしか
音を発しなくなった

それでも笑っていたんだ

瞳を哀しそうな色に染めて


きみを護りたい

きみを癒したい


暫くの間でいいから話をさせて

なんてことはない

たわいもない話

きみは

無理をして笑わなくても

無理をして話さなくても


其処にそうしているだけでいいから


もう瞳に映さなければいいんだ

君を弑するモノのことなんて

sos

誰かに助けてと

縋るのは容易い事


誰かに聞いてと

愚痴るのも容易い事


でもたったそれだけの振る舞いが

簡単な筈のそんな挙止が

生半可には出来なくて


只々苦しくて

只々辛くて

殻に篭る


自ら破れない堅い殻


呟きも

身震いも

外には届かない


そんな微かなものだけど

私には聞こえたから

私には感じ取れたから



見逃したりはしない

きみの助けを乞う瞳

絡まった糸

独りよがりな優しいことばに

淋しさが溢れだす

単なる身勝手かもしれない

唯の取り違えかもしれない


だけど今はあなたの言葉に

心が震えない

心に響かない


縺れてしまった心の糸は

理が非でも解けない

狂おしいほどに


愛している筈なのに

旅立ちのとき

さよならは言わない

だってきみの旅立ちのとき


会えなくなることなんかより

きみの未来を見据えていたいから


優しい手に触れられなくなっても

きみの秘めた力を信じたいから

新しい場所が

ちゃんときみの場所になるように

さよならは言わない