無に

こんな風に
こんな風な


心まで無になってしまうなんて


思いもしなかった


時に寄り添い


時にぶつかり
それでもずっと

心を満たしてくれていた

いつもそう


気付いた時には


手は届かない


声さえも届かない

Oto
  • 立ち寄って頂いて
    ありがとうございます。

    共感頂ければ幸いです。

言の葉

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA