冬空

言葉では言い尽くせない

切ない想い

心の奥底に

居た堪れず

今にも

溢れ出そうとしてる

だけど

心まで凍える私は

為す術を持たず

身を切るような風に

委ねる事しかできない

少しも

とどまる気配などない

吹き荒ぶ風に

託す事しかできない

明日には空と一緒に

麗らかになれると

信じるしかない

貴方を感じる事がない場所では

貴方を憶える事がない時には

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA