君の声 君の歌声

心根に刻み込まれた君の声

時が流れても

移ろう事はない

想いが何時までも蘇る

窓の外

冷えから逃れようと

体を寄せ合う猫達

私の心は温かいまま

耳を澄まし

また君の歌声を

聴入る

ありがとうの声を

思い出しながら

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA