SPACE


扉をこじ開け

無気力さを掻き消し

足を踏み出してみて

良かった

こんなにも温かく

こんなにも心和む

居場所に

辿り着けた

何時までも

何時までも

此処に居たいと思えた

An irreplaceable space

My only place

久遠

せめぎ合う季節の中

君に逢えない時間

刹那であってと願う

そんな私の心を然も

見透かすように

一瞥しながら

過ぎ去っていく時間

それは

時に久遠の空のよう

時に零れ落ちる水のよう