にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!
PVアクセスランキング にほんブログ村 ////////

Mutter of Oto

Text Size : A A A
Img_d80ae6eb80f0897bb07176ac455148d4
街も寝静まった頃に


目覚める



手の温もりの記憶


耳に残る囁き


まだ


抱えたままで


Img_ff5f12e06f48ba1e3a4663e89ac12a14
堕ちていく

堕ちていく

そんな私を冷めた瞳で

見つめている私

堕ちていく

堕ちていく

涙は枯れ果て

声も枯れ果て


差し伸べられた手に


縋り付く力も残ってはいない


一筋の光に気づいて

振り向いてみた


そこには

両手を広げて

微笑む君がいた

静かに

体の力が抜ける

よかった

君がいてくれて
Img_e7290dcc76a1659bffcda236b509db57
ゴメンナサイも言えず

サヨウナラも言えず


振り返ってしまいそうな心を必死で抑え


そう

まるで樹海を踏破するかのように




振り払ったあなたの手の温もりがまだ残る

そんな右手を握りしめながら

たった今来た行く先も知らない列車に乗り込む


声をコロシテ涙しながら
Img_5eb0034f217cd31186dc56608ffd9f7b
どうしたの?

君が微笑む



秒単位で変わっていく

君のその表情を

もっと近くで

見ていたくて


柄にもなく甘えてみただけ



そんな風に真っ直ぐには云えないけれど

Img_b7880a0edf144913713a71e4af051be7
此処でいいよね

行き止まりじゃないよね


すぐに道を見間違う私だから


怖くて

不安で

なかなか踏み出せない


でも

前に進まなきゃ


そこで見ていて


遠くからでもいいから

Img_955d67e57f9caa517285886ef3c3c627
言いたいことを言い合って


ぶつかり合って


それでも引き寄せあってる



だから君となら


そう
改めて感じる