和み

何だか
物足りなくて
一輪挿しを飾ってみた
心がほんの少し躍り出した
一輪挿しの花と緑の語らいが
私の心を、和ませてくれた
流れ込んでくる
ゆっくりと穏やかに
その儚さ故の波動‥‥

フレーバーコーヒー

あなたに
久しぶりに会えた。
なんだか少しはにかんだあなたの笑顔
私は痛みを堪えて
思い切り微笑んで
抱きしめて
あなたの香りに酔いしれた
あなたはいつもみたいに
きっとフレーバーコーヒーを飲んできたのね
香りが微かにわたしにも流れ込んできて
とてもほっとしたよ
すぐにまた
あなたは帰ってしまったけど
もうすぐまた一緒に飲めるんだね
きっと