昼間の月は

昼間の月


臆病なわたしと似てる

目先のことしか考えに及ばない


殊のほか刹那的な


蜻蛉のような


消え入る瞬間を

密かに待ちながら


それでいて

何処かで助けを乞う


寂しげなその薄明かり

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA