Heavy rain

こんなにもあなたのことを

知らなければよかった


僅かな期待が絶望へと変わるなら


あんなにもあなたのそばに

居なければよかった


刹那的な繋がりだと

知っていたはずなのに



窓を打ち付ける雨は

私をまるで責め立てるかのように

激しさを増す



移ろい行く風音とともに

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA