朧月夜

逢いたい時に

貴方は遠く


日を追う毎に

頭の中で紡いだ言葉が 

目紛しく変わっていく


電話越しじゃなく

目を見て話したい


携帯には頼らず

言葉を交わしたい 


貴方を想い

涙に暮れて

見上げた空は意地悪で

いつも決まって朧月夜

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA