久遠

きみは誰よりも優しい人なのに

なぜそんなに悲しい瞳をするの


きみは誰よりも痛みを解る人なのに

なぜ自分を痛め付けようとするの


きみは応えを先送りにしたまま

此処から居なくなったね


夢から覚めたとき

きみが居ないという現実を

受け入れることが出来ない

写真立てのきみは
いつも私を見て煌めいているから

今にも動き出しそうに
いつも私を見て微笑んでいるから

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA