プロテクション

ないがしろにされたきみは

なおざりにされたきみは


いつしか
音を発しなくなった

それでも笑っていたんだ

瞳を哀しそうな色に染めて


きみを護りたい

きみを癒したい


暫くの間でいいから話をさせて

なんてことはない

たわいもない話

きみは

無理をして笑わなくても

無理をして話さなくても


其処にそうしているだけでいいから


もう瞳に映さなければいいんだ

君を弑するモノのことなんて

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA