無心

今宵の月は

いつにも増して

幻想的に神秘的に


まるで心の奥底まで

見透かすように
光を放っていた


濁った心を
洗い流して欲しくて

肌寒さも忘れて

ただひたすらに見入っていた

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA