奏で

愛してるって

何度も
心の中で叫んではみたけれど


全然足りなくて



あなたの胸の中に住むあの人は
ずるいよ何時迄も歳を重ねない



ブレーキかけて

立ち止まって

後退りさえもしてみたけれど

昂まっていくばかりで
留まることは容易くはない


やり切れない
心の声だけが


いつまでも
残響し続ける


哀しい音を奏でながら

投稿者:

Oto

立ち寄って頂いて ありがとうございます。 ただただ 呟いて 想いを紡いでいます。 共感が得られたなら 幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA