踏破

ゴメンナサイも言えず
サヨウナラも言えず
振り返ってしまいそうな心を必死で抑え
そう
まるで樹海を踏破するかのように
振り払ったあなたの手の温もりがまだ残る
そんな右手を握りしめながら
たった今来た行く先も知らない列車に乗り込む
声をコロシテ涙しながら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です