涙溢れて

こんなに長い間
会えなかったのは
初めてだったから
あなたの顔を見た途端
とびきりの笑顔のままで
涙が溢れた
困った顔したあなたを見て
今度は 泣きながら笑ってた
不器用なあなたは
ただ、私をふわりと抱き寄せて
会いたかったよと
呟いた
それだけでじゅうぶん
まつげを濡らした涙は
いつの間にか止まってた

共鳴

あなたの苦しみを
あなたの頑張りを
ほんの一欠片だけど
私は知っているつもり
泣きたい時は声を殺さず
思い切り泣けばいい
拭う術を持たない私だけど
共鳴することは出来るから
負けないで
負けないで
そして
頑張りすぎないで