白い月

まだ明るい空に ぽっかりと浮かぶ白い月 雲間に消え入りそうになりながら うっすらと寂しげに 暗闇が怖くて 青空に憧れて でもその眩しさに負けそうになる まるでそんな自分を見ているようで 足を止めて 見入っていた