dream

夢を見た
そこはこころなし暖かい場所
ここだよ
君の声がする
でも振り返っても誰もいない
こっちだよ
君の声がする
でも見回しても誰もいない
不安になって
目覚めたら
静かに眠る
君の両腕に包まれていた

踏破

ゴメンナサイも言えず
サヨウナラも言えず
振り返ってしまいそうな心を必死で抑え
そう
まるで樹海を踏破するかのように
振り払ったあなたの手の温もりがまだ残る
そんな右手を握りしめながら
たった今来た行く先も知らない列車に乗り込む
声をコロシテ涙しながら

天使の梯子

堕ちていく
堕ちていく
そんな私を冷めた瞳で
見つめている私
堕ちていく
堕ちていく
涙は枯れ果て
声も枯れ果て
差し伸べられた手に
縋り付く力も残ってはいない
一筋の光に気づいて
振り向いてみた
そこには
両手を広げて
微笑む君がいた
静かに
体の力が抜ける
よかった
君がいてくれて